スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
「ふれあい歳の市」開催
1_20150105101648f40.jpg 2_20150105101701420.jpg 3_2015010510171336e.jpg

12月27日(土)、9時から11時までみやまホールにて「ふれあい歳の市」(歳末たすけあい運動配分金事業)を開催し、約350名の方にご来場いただきました。

会場では、お正月飾りや野菜等の販売、ゲームコーナー、バルーンアート、福祉バザーや大抽選会等、たくさんの催し物で賑わいました。

また、毎年恒例の餅つき大会では、老人クラブやボランティアの方々にご協力いただき、子ども達の元気な掛け声が響き渡る中、ふれあいや交流の輪が広がりました。
続きを読む
スポンサーサイト
[ 2015/01/05 10:17 ]

| イベント | コメント(0) | トラックバック(0) |
「親子ふれあい☆クリスマス会」を開催しました
1_20141224084016a40.jpg 2_20141224084037522.jpg 3_20141224084050243.jpg

12月20日(土)、10時から11時半までみやまホールにて「親子ふれあい☆クリスマス会」(善意銀行払い出し事業)を開催し、40組・計114名の参加がありました。

3年目の開催となった今回は、西宮市を拠点に活動されているボランティアグループ「えびすブラザース」の皆さんをお招きしました。皆さんは、普段は西宮市内の保育所に勤務されている現役の保育士さんで、休日を利用してこうしたボランティア活動を行われています。当日は皆で、ギターに合わせて歌ったり、体を動かしたりしながら楽しい時間を過ごしました。また、歯磨きをしないお友達のところに虫バイキンがやって来て歯ブラシマンがそれを退治するという内容のヒーローショーも行われ、笑いやふれあいと共に学びも深めることができました。

その後、サンタクロースとトナカイが登場し、1年を頑張って過ごした子ども達にクリスマスプレゼントが配られ、それぞれが思い出の一枚をカメラに収めていました。参加者からは、「毎年、楽しみにしています」、「歯ブラシマンのヒーローショーが面白かった」、「また来年も参加します」等の声が聞かれ、クリスマスの楽しいひと時を皆で共有することができました。
続きを読む
[ 2014/12/24 08:41 ]

| 子育て | コメント(0) | トラックバック(0) |
「洲本市地域防災訓練」に参加
1_201410280906183b3.jpg 2_20141028090631a03.jpg 3_201410280906438e0.jpg

10月26日(日)、洲本市立洲浜中学校等で実施された「洲本市地域防災訓練」に参加して来ました。

今回も一昨年からの取り組みを継承し、淡路障害者自立支援協議会の取り組みとして、障がいのある方や関係機関の職員の方と一緒に車いすや徒歩で避難訓練を行いました。

そして、初期消火訓練等の体験を行った後に、福祉避難所を見学し、最後に皆で情報交換を行いました。

参加者からは、「障がいがあることが周囲から分かるような目印があれば良い」、「備蓄は市に頼るだけでなく、個人でも必要」、「実際の福祉避難所を見学・体験できて良かった」等の感想がありました。
[ 2014/10/28 09:06 ]

| 当事者支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「ふれあい青空市」に参加して来ました
1_20141028090134aac.jpg 2_20141028090152365.jpg 3_201410280902078fd.jpg

10月26日(日)、ウェルネスパーク五色主催の「ふれあい青空市」に参加し、赤い羽根共同募金のPRや募金活動を行いました。

また、福祉バザーやバルーンアート体験、本会キャラクター“みっくマン”との記念撮影等を併せて実施し、多くの家族連れで賑わった秋のイベントに花を添えました。

たくさんのご協力ありがとうございました。
[ 2014/10/28 09:02 ]

| イベント | コメント(0) | トラックバック(0) |
丹波市災害ボランティアセンターへの支援状況について
1_20140902114722df3.jpg 2_20140902114734df1.jpg 3_20140902114741ee6.jpg

8月16日からの局地的な豪雨により、甚大な被害を受けた兵庫県丹波市では「災害ボランティアセンター」が開設され、被災された方への支援が行われています。

本会では、淡路市社協・南あわじ市社協と協力し、8/26~8/29にボランティアワゴン、8/30~8/31にボランティアバスを運行しました。また、8/29~8/31に2名の職員を派遣し、災害ボランティアセンターの運営支援にあたりました。

今後は、9/2~9/5にボランティアワゴンを運行すると共に、9/6~9/7に再度2名の職員を派遣する予定となっています。

丹波市は、報道で見聞きしていた以上に大きな被害を受けており、まだまだ支援の手が必要とされているように感じました。
[ 2014/09/02 11:50 ]

| ボランティア | コメント(0) | トラックバック(0) |
丹波市社協へ災害ボランティア活動資機材を提供
1_20140819165037b6e.jpg 2_20140819165051bd9.jpg 3_20140819165102765.jpg

8月18日(月)、土曜日から降り続いた大雨により被害が発生した丹波市の社会福祉協議会へ本会が備蓄していたスコップや一輪車等の災害ボランティア活動資機材を提供して来ました。

丹波市社協では、8月19日(火)から災害ボランティアセンターが開設され、被災された方への支援が行われています。

詳細は、丹波市社協のホームページをご覧下さい。
http://tambawel.jp/
続きを読む
[ 2014/08/19 16:51 ]

| ボランティア | コメント(0) | トラックバック(0) |
「ひとり暮らしのつどい」開催
1_2014060915204079b.jpg 2_201406091520532b3.jpg 3_20140609152112714.jpg

6月7日(土)、中山間総合活性化センターにて、70歳以上のひとり暮らしの方を対象に「ひとり暮らしのつどい」を開催しました。

今年も五色地域の対象となる高齢者や民生児童委員・支部福祉推進委員・ボランティアの方々、総勢160名の参加があり、学びや交流、会食などを楽しみました。

午前の部では、司法書士船越健司氏をお招きして「もしもに備えて知っておきたい法律」についてお話しいただき、一人暮らしの高齢者の方に起こりうる様々な心配事や法律制度の利用について説明をいただきました。

午後の部では、鮎原小学校児童有志の若鮎会のメンバーが『岸壁の母』のだんじり唄を披露し、子ども達の力強い歌声と物語を聞いて涙を流しておられる方もいらっしゃいました。

その後も会場の皆さん全員と歌や踊り、恒例のお楽しみゲームをして、にぎやかな一日となりました。

なお、この事業は五色地域における善意銀行封筒預託を財源に開催しました。ご協力ありがとうございました。
[ 2014/06/09 15:21 ]

| 当事者支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「地域福祉フォーラム2014」開催
1_20140324143322409.jpg 2_2014032414333517c.jpg 3_20140324143346d8d.jpg


3月23日(日)、洲本市民交流センターにて『地域福祉フォーラム2014「自閉症への正しい理解~あるがままを受け入れ、あるがままに向き合う~」』を開催し、252名の参加がありました。

今回のフォーラムでは、「自閉症」に対する正しい理解と知識を深めることを目的に、ドキュメンタリー映画「ちづる」を上映しました。映画「ちづる」は、重度の知的障害と自閉症をもった妹の千鶴とその母を兄である正和が1年間に渡って撮り続けたドキュメンタリー映画です。

その映画上映の後、「映画をとおして、障がい児(者)が地域で暮らすを考える」と題したフリートークを行い、会場の参加者から映画の感想や日々の想い等をお寄せいただきました。

参加者からは、「自閉症についての理解が深まった」、「障がいを持った方が地域で暮らしていくことがいかに大変かを知った」、「こうした学びの場をこれからも続けていって欲しい」等の声をいただきました。
[ 2014/03/24 14:34 ]

| イベント | コメント(0) | トラックバック(0) |
「つながりスポーツ」開催
1_20140310165410f89.jpg 2_20140310165426895.jpg 3_2014031016544656b.jpg

3月8日(土)、洲本市中川原ふれ愛センターにて今年度5回目の「つながりスポーツ」を開催し、計50名の参加があり、今回は皆でスポーツテストを行いました。

この事業は今年度から始まった新しい事業で、これまでには水遊びや運動会、クリスマス会等を行いました。従来から社協には「障がいがある子どもが思いっきり体を動かす機会がない」、「障がいがある子どものことを気軽に相談できる相手がいない」等の相談が寄せられており、それらを受けて今回の事業実施に至りました。

そして、回を増すごとに多くの方が参加してくれるようになり、地域の方々がボランティアとして参加協力いただけたことも大きな強みとなりました。

参加者からは継続開催を望む声も多く聞かれ、次年度以降も更に内容を充実させて継続していきたいと思っています。
[ 2014/03/10 16:55 ]

| 小地域 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「ごしきの会」研修会開催しました
1_20140219132731e4e.jpg 2_2014021913274696c.jpg 3_2014021913275756f.jpg

2月18日(火)、認知症をささえる家族の会「ごしきの会」が、一般、事業所職員、家族会会員を対象に研修会を開催しました。

今回は、洲本市国民健康保険 五色診療所 理学療法士 中林 秀究 氏より「認知症と理学療法」と題してご講演いただきました。認知症と理学療法について、理学療法の視点から認知症の方へのアプローチの仕方や考え方を知ることができました。

認知症をささえる家族の会「ごしきの会」は毎月定例会(第2火曜日13時半~洲本市五色地域福祉センターにて)を開催して、五色地域で認知症の家族を介護している方達が介護のことや家族のことなどを話し合って認知症の理解を深める場となっています。認知症の方への介護に疲れてしまった方、悩みを聞いてほしいという方も気軽に定例会に参加してもらいたいと思います。
[ 2014/02/19 13:28 ]

| 当事者支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。