スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
「洲本市地域防災訓練」に参加
1_201410280906183b3.jpg 2_20141028090631a03.jpg 3_201410280906438e0.jpg

10月26日(日)、洲本市立洲浜中学校等で実施された「洲本市地域防災訓練」に参加して来ました。

今回も一昨年からの取り組みを継承し、淡路障害者自立支援協議会の取り組みとして、障がいのある方や関係機関の職員の方と一緒に車いすや徒歩で避難訓練を行いました。

そして、初期消火訓練等の体験を行った後に、福祉避難所を見学し、最後に皆で情報交換を行いました。

参加者からは、「障がいがあることが周囲から分かるような目印があれば良い」、「備蓄は市に頼るだけでなく、個人でも必要」、「実際の福祉避難所を見学・体験できて良かった」等の感想がありました。
スポンサーサイト
[ 2014/10/28 09:06 ]

| 当事者支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「ひとり暮らしのつどい」開催
1_2014060915204079b.jpg 2_201406091520532b3.jpg 3_20140609152112714.jpg

6月7日(土)、中山間総合活性化センターにて、70歳以上のひとり暮らしの方を対象に「ひとり暮らしのつどい」を開催しました。

今年も五色地域の対象となる高齢者や民生児童委員・支部福祉推進委員・ボランティアの方々、総勢160名の参加があり、学びや交流、会食などを楽しみました。

午前の部では、司法書士船越健司氏をお招きして「もしもに備えて知っておきたい法律」についてお話しいただき、一人暮らしの高齢者の方に起こりうる様々な心配事や法律制度の利用について説明をいただきました。

午後の部では、鮎原小学校児童有志の若鮎会のメンバーが『岸壁の母』のだんじり唄を披露し、子ども達の力強い歌声と物語を聞いて涙を流しておられる方もいらっしゃいました。

その後も会場の皆さん全員と歌や踊り、恒例のお楽しみゲームをして、にぎやかな一日となりました。

なお、この事業は五色地域における善意銀行封筒預託を財源に開催しました。ご協力ありがとうございました。
[ 2014/06/09 15:21 ]

| 当事者支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「ごしきの会」研修会開催しました
1_20140219132731e4e.jpg 2_2014021913274696c.jpg 3_2014021913275756f.jpg

2月18日(火)、認知症をささえる家族の会「ごしきの会」が、一般、事業所職員、家族会会員を対象に研修会を開催しました。

今回は、洲本市国民健康保険 五色診療所 理学療法士 中林 秀究 氏より「認知症と理学療法」と題してご講演いただきました。認知症と理学療法について、理学療法の視点から認知症の方へのアプローチの仕方や考え方を知ることができました。

認知症をささえる家族の会「ごしきの会」は毎月定例会(第2火曜日13時半~洲本市五色地域福祉センターにて)を開催して、五色地域で認知症の家族を介護している方達が介護のことや家族のことなどを話し合って認知症の理解を深める場となっています。認知症の方への介護に疲れてしまった方、悩みを聞いてほしいという方も気軽に定例会に参加してもらいたいと思います。
[ 2014/02/19 13:28 ]

| 当事者支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「ごしきの会」施設見学へ
① ② ③

5月14日(火)、認知症をささえる家族の会「ごしきの会」が地域密着型特別養護老人ホーム洲本たちばなプラス(洲本市宇原)へ施設見学に行ってきました。

洲本たちばなプラスは昨年開設された新しい施設で、特養が3ユニット(定員29名)とショートステイが設置されています。利用者の方の個室には好きな物を身の回りに置いたり、共有スペースのリビングではテレビを見たり会話を楽しんだり快適に過ごされている様子をうかがうことができました。

参加者の方からは「1丁目といったユニット名は親しみがあっていいなぁ」「住み慣れた近くの場所で入所できたら、見慣れた景色が見ることができて落ち着くと思う」といった感想がありました。
[ 2013/05/15 14:55 ]

| 当事者支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「ごしきの会研修会」が開催されました
1_20130213140449.jpg 2_20130213140503.jpg 3_20130213140515.jpg


2月12日(火)みやまホール2階にて、認知症をささえる家族の会「ごしきの会」が研修会を開催しました。地域住民の方、島内家族会や関連機関から74名の参加がありました。

研修会の内容は、県立淡路病院認知症看護認定看護師の谷雅子氏より、「認知症看護・ケアについて」講演をいただき、認知症患者の方への看護や援助の仕方、考え方などをお聴きしました。

参加者の中には、メモを取るなどして熱心に聴かれている方や、「知りたかったことを知ることができてよかった」「相手を理解することの大切さに改めて気づきました」といった感想が寄せられていました。
[ 2013/02/13 14:06 ]

| 当事者支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
リフレッシュ事業開催
1 2 3

11月16日(金)、『介護者リフレッシュ事業』赤い羽根共同募金配分金事業・認知症をささえる家族の会「にじの会」「ごしきの会」共催)を開催し、39名の参加がありました。

今年の行き先は、神戸花鳥園でした。
たくさんの花に囲まれて食事をした後、ふくろうやタカなどのバードショーを観覧して楽しい時間を過ごし、リフレッシュすることができたのではないかと思います。

また来年も開催を期待する声もあり、この事業が介護者の皆さんにとって楽しみの一つとなっていることをうれしく思いました。
[ 2012/11/26 08:52 ]

| 当事者支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
認知症をささえる家族の会「にじの会」交流クリスマス会
1_20111222132158.jpg 2_20111222132206.jpg P1160370.jpg

12月20日(火)、やまて会館にて認知症をささえる家族の会「にじの会」主催の交流クリスマス会が開催され、「にじの会」、「ごしきの会」の会員や家族、市内小規模多機能型居宅介護施設やミニデイサービス「デイハウス洲本カナリア」の利用者や家族等、総勢90名の参加がありました。

当日は、洲本第二小学校の3・4年生の児童による歌や交流、音楽療法士の岡本さんによるクリスマスコンサート、全員参加のおじゃみ投げ大会等が行われ、とても充実した一日になりました。

参加者からは、「毎年、この交流クリスマス会を楽しみにしている」、「また来年も参加したい」、「(介護保険施設が)社会参加や地域交流が図れる貴重な場です」等の声が寄せられました。
[ 2011/12/22 13:22 ]

| 当事者支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
介護者リフレッシュ事業
1_20111122142007.jpg 2_20111122142025.jpg 3_20111122142040.jpg

11月18日(金)、認知症をささえる家族の会「にじの会」、「ごしきの会」と共催で『介護者リフレッシュ事業』を開催し、35名の参加がありました。

この事業は赤い羽根共同募金の配分金により毎年実施されており、今年は大阪市にある海遊館へ行って来ました。

参加者は、日常の介護から少し開放され、リフレッシュすると同時に参加者同士の交流にも花を咲かせていました。

そして、「水族館には数十年振りに来た」、「日頃のストレスを発散できた」、「また明日から頑張ります」等の感想をいただきました。
[ 2011/11/22 14:21 ]

| 当事者支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
介護者のつどいIN淡路島
1_20111102174821.jpg 2_20111102175042.jpg 3_20111102175058.jpg


11月1日(火)海月館にて、介護者のつどいIN淡路島を開催し、認知症をささえる家族の会「にじの会」、「ごしきの会」のメンバーを始め、島内外の家族会のメンバーや関係機関の支援者等、総勢80名の参加がありました。

まず始めに、洲本健康福祉事務所の柳所長から「自分たちも安心して老後を暮らせる街にするには?」をテーマに講演いただき、その後、4つの家族会のメンバーに登壇いただき、座談会を行いました。

柳所長からは、まだまだ家族会の数が足りないので、ピア(介護者同士の支え合い)の力をもっと高めていければというお話しを、家族会のメンバーからは、色々な取り組みを通じて家族会の存在意義を高めていきたい、専門職からも積極的な応援をして欲しい等といったお話しをいただきました。

地域を越えた介護者がつどうことにより、多くの気づきや学びを得ることができました。今回のつどいを機にたくさんのつながりができたのではないかと思います。
[ 2011/11/02 17:51 ]

| 当事者支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「洲本リハビリ友の会・クリスマス会」が開催されました!
2010.12.20 リハビリ 2010.12.20 リハビリ2 2010.12.20 リハビリ3


12月20日(月)、10時から14時までみなと元気館にて「洲本リハビリ友の会(脳卒中後遺症の患者の会)」がクリスマス会を行い、25名の方が参加されました。

午前中は、会場の飾り付けを行い、その後、来年の行事予定をみんなで話し合いました。予定としては、「布ぞうりづくり」「料理教室」などのレクリエーション、健康体操や日帰り旅行などワクワクするような内容が計画されていました。そして、会館の隣にある「淡路ごちそう館 御食国」へ移動し、昼食をいただきました。
続きを読む
[ 2010/12/22 09:24 ]

| 当事者支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。