スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
「川西ふれあいさろん」(上物部)にて防災学習!
川西① 川西② 川西③


9月1日(月)13時半から15時ごろまで洲本市上物部にある「川西公会堂」で開催されている『川西ふれあいさろん』に参加してきました。

『川西ふれあいさろん』は、高齢者と親子が集まるサロンとして、毎月第1・3月曜日に開催しており、愛育班の方々がボランティアとしてサポートし、今日も45名の方々が参加されていました。
1923年(大正12年)9月1日に起きた関東大震災の教訓を忘れない、という意味と、この時期に多い台風への心構えの意味も含めて1960年(昭和35年)に制定された『防災の日』に合わせて、「心配蘇生法と消化活動について」洲本消防署の消防隊員の方にご指導いただきました。

まず、心肺蘇生法とAEDの操作方法(写真:左)について学び、その後屋外に出て消化器の使用説明を受け、順番に消化訓練(写真:中央)を行いました。

子どもたちは、近くで見る消防自動車(写真:左)に釘付けの様子でしたが、お母さんに連れられ、一緒に消化活動を体験されていました。

奥井代表より「今日はとてもいい勉強になりました。子どもたちも遊びの中での今日の体験から、何かを感じてくれたのでは?」とすばらしいコメントで締めくくり、会場に入っておやつをいただきました。

とても充実したサロンの一日に、参加された皆さんは満足された様子で、手をふって会場を後にされていました。
スポンサーサイト
[ 2008/09/03 11:34 ]

| 小地域 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「ひとり暮らし高齢者給食サービス調理研修会」を開催しました | ホーム | 「サマーボランティア体験スクール」終了!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sumotowel.blog122.fc2.com/tb.php/132-f63be6f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。