スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
「認知症サポーター養成講座」にキャラバンメイトとして参加してきました
認知症① 認知症② 認知症③


11月27日(水)15時から16時半までホテルニューアワジでの「洲本地区民生委員児童委員協議会秋季研修会」の『認知症サポーター養成講座』に認知症キャラバンメイト7名で参加してきました。(写真:左)

「認知症への正しい理解~オレンジリングの力~」をテーマに認知症サポーターについてのDVDを見てもらった後、テキストを使って認知症を理解する内容のお話をし、次にメインの「みなと元気一座」による寸劇を初披露しました。(写真:中央)
ストーリーは、ひとり暮らし高齢者の方が少しずつ認知症が進行していき、近所に住む家族も様子が違うことに気づき、対応していくというものです。近所の冷たい声もあり、本人の苦悩を演じる展開を5名の役者が熱演していただきました。終了後には会場から温かい拍手をいただきました。(写真:右)

その後、劇にも出てきた「阿波踊り体操」を参加者で行い、最後に認知症サポーターの役割として「地域での見守り」「認知症の杖(支え)」「サポーター養成講座のPR」といった話をし、充実した研修となったように思います。

認知症になっても住みなれた地域で安心して暮らせる洲本市を目指して、キャラバンメイトは、依頼があれば出張いたしますので、今後ともよろしくお願いいたします。

認知症キャラバンメイトとは、認知症に対する正しい知識と具体的な対応方法等を市民に伝える講師役のことです。
スポンサーサイト
[ 2008/11/27 17:59 ]

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「ふれあい・いきいきサロン実践講座2008」(第3回)を開催しました | ホーム | 「ふれあい・いきいきサロン実践講座2008」(第2回)を開催しました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sumotowel.blog122.fc2.com/tb.php/169-346e6da7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。