スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
鮎原小学校で「災害時要援護者支援体験」!
P1160011.jpg P1160007.jpg P1060229.jpg


1月16日(金)、鮎原小学校にて学校と地域の方々、市消防防災課の協働による避難訓練が実施されました。その際に、防災学習のプログラムの1つとして5年生54名と6年生64名を対象に11時15分から12時まで災害時要援護者支援体験を行いました。

5年生には車イス体験を、6年生にはアイマスク体験をしてもらいました。
車イス体験では、まず車イスの介助方法などについてお話した後、5人1組のグループになり、ジグザグ走行や段差、4人で車イスを持ち上げて階段を上り下りする(写真:左)などのコースを途中で押す人・乗る人を交代しながら体験してもらいました。
アイマスク体験では、最初に視覚障がいの方を安全に誘導する方法を「手引き」などで説明した後、2人ペアで、それぞれ誘導する人とアイマスクをする人に分かれて、マットの上を歩いたり、幅の狭いところを歩いたり(写真:中央)、イスに座らせてあげたりする体験をしてもらいました。また、地域の方も一緒に参加してくださり、児童が手を引いたり、引いてもらったりといった場面も見られました(写真:右)。

今回の体験を通して、災害時にはもちろんのことですが、普段からみんなで支えあうという意識を高めていただければと思います。
スポンサーサイト
[ 2009/01/20 09:08 ]

| 福祉学習 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<子育て自主育児グループ「どんぐりんクラブ」に参加してきました! | ホーム | 「さわやかサロン」(加茂)にてレクリエーション!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sumotowel.blog122.fc2.com/tb.php/189-3bf78a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。