スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
すもと高齢社会をよくする会主催の講演会が開催されました!
高齢社会1 高齢社会2 高齢社会3


2月14日(土)14時から16時まですもと高齢社会をよくする会主催、洲本市社協後援の講演会がやまて会館3階多目的ホールにて開催され、約100名の方々が参加されていました。(写真:左)

今回の講演会は、「笑顔と温もりの中で~患者の心 家族の心~」をテーマに善福寺住職で龍谷大学非常勤講師の長倉伯博氏をお招きし、お話いただきました。(写真:中央)
まず、病院にて緩和ケアチームの一員として病院で活動されているDVDを見せていただき、次に緩和ケアの定義やいのちに寄り添ってきた貴重な体験談をお話いただきました。

相談を受ける際は、傾聴と受容の姿勢で聴く、そして促進(=「もう少しお話していただけませんか?」)という流れが大切で、決して「がんばれ」といった励ましは禁句、いかに聞き上手になれるかを意識して、決して答えや解決策等をすぐに話さないことなど教えていただきました。このことは、患者さんや家族だけでなく普段の生活の中でも活用できるテクニックであるとも教えていただきました。

また、たくさんのガン末期の患者さんとその家族に寄り添い「死への恐怖・葛藤」といった「こころの氷」を「ぬくもり」で溶かし「笑顔」を引き出してきたお話をいただき、とても有意義な講演会となりました。(写真:右)
スポンサーサイト
[ 2009/02/17 16:26 ]

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「第27回ボランティアのつどい」が開催されました! | ホーム | 「安乎南ふれあい・いきいきサロン」(安乎)に参加してきました!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sumotowel.blog122.fc2.com/tb.php/201-5292ef36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。