スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
「地域福祉フォーラム2009」開催!
フォーラム1 フォーラム2 フォーラム3


3月1日、市民交流センターにて、 「小地域の魅力と可能性~洲本住民の底力~」をテーマに「地域福祉フォーラム2009」を昨年に引き続き開催し、町内会、民生委員を始め約250名の参加を得ることができました。

前半は、基調講演として大阪市立大学の竹村安子氏から「地域をささえる小地域福祉活動」をテーマに「家族の人数が少なく、近所のつながりもうすくなり、コミュニケーション不足、こんな時代だからこそ、ご近所付合いが大切で、小地域福祉活動の原点です。」また、「ひとり暮らし高齢者も増加し、孤独死、自殺、うつ病、認知症といった問題が出てくる中で、身近な地域での人のやさしい気持ちが癒しとなる」といったお話をしていただきました。(写真:左)
後半は、「小地域福祉活動実践者から学ぶ~つながりの大切さ~」をテーマにパネルディスカッションを行い、引き続き竹村先生にコーディネーター、3名の実践者よりパネラーとして発表いただきました。(写真:中央)

岡田美佐子さんから給食サービス立ち上げからサロン開設、地域拠点の改修、防災マップづくりなど「住民会との協働により温かく住みやすい地域を作っていきたい」とお話いただき、犬持早苗さんよりひとり暮らし高齢者の友愛訪問からサロン活動そして、鳥飼地区でのつどい開催など「ありがとうの声が私の原動力です」といったお話、磯崎照子さんより福祉委員、大野ひまわり会の活動や町内会との連携・協働など「大野が大好きです。」といった告白もあり、皆さん貴重な実践報告をしていただきました。

また、パネラーからのご発言で会場参加者へコーディネーターより質問をし、緑と赤のカードをあげていただく時間もあり、会場は大変盛り上がりました。(写真:右)

アンケートより「小地域の大切さと必要性を実感しました」「地元を愛する気持ちが小地域福祉活動を支える原点に感じました」といった声をいただき、参加者にとって学び・気づきの多いフォーラムになったのではないか思いました。

スポンサーサイト
[ 2009/03/03 09:39 ]

| 小地域 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<加茂小学校で福祉学習!⑥ | ホーム | 子育て自主育児グループ「ふたごちゃんの会 ぐりとぐら」に参加してきました!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sumotowel.blog122.fc2.com/tb.php/210-a3d5a35d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。