スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
「地域福祉フォーラム2010&第5回 災害にも強いまちづくりフォーラム」開催!
P1110117(修正) 表紙2 表紙


2月21日(日)、13時半から16時まで市民交流センターにて、『災害にも強いまちづくり』をテーマに「地域福祉フォーラム2010&第5回 災害にも強いまちづくりフォーラム」を開催し、民生委員児童委員・町内会長をはじめ、約200名のご参加をいただきました。オープニングでは、洲本市社協キャラクター「みっくマン」が初登場し、会場を沸かせました(写真:左)。

前半は、基調講演として佛教大学 福祉教育開発センター講師の後藤至功氏より「災害にも強いまちづくりをめざして」と題して、最近の災害状況と災害時要援護者支援の取り組み、また災害時要援護者支援で考えてほしいことなどをお話しいただきました(写真:中央)。
後半は、「一宮の取り組みから学ぶ~べっちゃない活動~」をテーマにパネルディスカッションを行いました。コーディネーターは引き続き後藤先生にお願いし、パネラーには、淡路市の一宮民生委員児童委員協議会会長の石上さん、同じく副会長の濱岡さん、淡路市社協一宮支部の岩城さんの3名の方をお招きし、一宮で取り組まれている「べっちゃない活動」についてお話しいただきました(写真:右)。

パネラーの皆さんからは、活動の概要、活動誕生のプロセス、それぞれの熱い想いなどをお話しいただき、最後に「お互いに声を掛け合って、みんなが地域で楽しく暮らせるように努力しています」「高齢者や障がい者の方などを見守って大事にしていくのが私たちの仕事ではないでしょうか。優しさが大事だと思っています」「お互いのまちの活動を勉強しながら、自分たちの地域をよくしたいと感じています」といった洲本市民へのメッセージもいただきました。

参加者の皆さんからは、アンケートより「住民なりの相互支援が必要だと思った」「地域との関わりの大切さを痛感した」といった感想が寄せられ、新たな気づきの場となりました。
スポンサーサイト
[ 2010/02/26 10:53 ]

| 小地域 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「内町地区給食サービス」に参加! | ホーム | 「安乎給食サービス」(安乎)に参加!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sumotowel.blog122.fc2.com/tb.php/326-1abecfc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。