スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
由良小学校4年生が車イス体験
① ② ③



1月29日(火)、洲本市立由良小学校4年生児童32名が車イス体験を行いました。

まず、社協職員から車イス操作の説明を聞いてもらい、その後、車イスに乗る体験、操作する体験を行ってもらいました。
そして、体育館内の特設コースを一人ひとりに体験(介助走)してもらいました。
特設コースには段差あり、ぬかるみあり、ジグザグありで難易度の高いものでしたが、児童たちは一生懸命クリアしていっていました。

あとは声掛け(「進みます」、「止まります」、「曲がります」等)をしっかり行えれば100点満点になると思います。

そして、体験後の感想には「車いすにのってるときこわかったです」、「ほんとうに土の上などに行くとどうなるのかなと思った」、「だんの所はこわかったです」、「1人ではたいへんだけど、介助する人がいたらたすかると思います」、「アルミ(製)とスチール(製)で、おもさとかるさがぜんぜんちがうかったです」等の言葉が書かれていました。

今回の学びをいつまでも忘れず、“心のバリアフリー”につなげていって欲しいと思います。
スポンサーサイト
[ 2008/01/31 14:52 ]

| 福祉学習 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「子育て実践スキルアップ研修会」開催 | ホーム | 尾筋地区「さわやかサロン」が淡路ふくろうの郷見学>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sumotowel.blog122.fc2.com/tb.php/46-700e55a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。