スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
「洲本市社協職場内全体研修」開催
職場内研修



3月2日(日)、市民交流センターにて、『社協らしさ』を発揮できる「人材育成」の強化を目的に初めて「洲本市社協職場内研修」を実施しました。

当日は、社会生活を送る上で年々増えてきている不調(ストレス)と上手に付き合っていくための「こころのケア」についての説明、昨年3月に策定した「社協版・災害救援マニュアル」の説明、そして、出来立てほやほやの「第1次地域福祉推進計画」の説明を各担当職員が行いました。


その後、それらの説明を受け、急遽駆け付けて下さった第 1次地域福祉推進計画でオブザーバーを務めて下さった兵庫県社会福祉協議会の職員さん、そして、スペシャル講師の成田先生(関西国際大学教育学部教授)から講評をいただきました。

成田先生からは、「今、求められる社協職員像」をテーマに今回の第1次地域福祉推進計画が意味するもの、その計画の実現のために求められるもの等を丁寧に、そして、熱く語っていただき、職員一人ひとりが大きなパワーを得ることができました。

本会に限らず、社会福祉協議会は近年、介護保険事業、子育て支援事業等、従来からの地域福祉推進事業の枠を越えた活動を担うようになったことに伴い、所属部署の幅が広がり、全職員を巻き込んでの研修が実施し辛くなってきております。
しかし、そんな今だからこそ、全体研修を実施する意味合いは大きく、今後もこうした場を継続的に持ち続けていきたいと思っております。
スポンサーサイト
[ 2008/03/06 08:55 ]

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「地域福祉フォーラム2008」開催 | ホーム | 「要約筆記ボランティア講座(スキルアップ編)」終講>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sumotowel.blog122.fc2.com/tb.php/54-b93ff84f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。